「JJ's Bar」シーズン1エピソード一覧

#1 アシュリー、自給自足の旅 (2016年7月2日より配信) ゲスト:弥生堂尚

田舎町にひっそりと佇む「JJ's Bar」に、見慣れない若い女が訪ねてくる。彼女の名前はアシュリー(CV:弥生堂尚)、ハンプトンズ出身の大学生で、旅行中だという。好奇心旺盛なアシュリーはマスターのJJについてあれこれ詮索するが、JJは具体的な回答を避ける。そのうち家族の話になるとアシュリーは表情を曇らせ、旅の目的を打ち明ける。

#2 フランク、元町長 (2016年7月9日より配信) ゲスト:関泰二

元町長フランク(CV:関泰二)は、いつもカウンター席で眠っている常連客だ。かつての権力を手放し、日々飲んだくれているフランクは、家で寝るよう諌めるJJに悪態をつくばかり。そんなフランクが、いつも家に帰らず店で眠ってしまう理由とは…?

#3 ナンシー、朗読クラブ主催 (2016年7月16日より配信) ゲスト:周防結衣

​ある日、JJは朗読クラブを主催するナンシーと名乗る女性から声を褒められ、イベントの参加を打診される。人前に出ることに抵抗のあるJJはその場で丁重に断るが、再びナンシーが店に来たときにはクラブはすでに解散してしまっていた。

#4 ジェフ、大学生 (2016年7月23日より配信) ゲスト:前川まえこ

​夏の常連客ジェフは、夏休みの間だけ町に帰省している大学生だ。毎年、店に来るときは親友のステファンと一緒だったが、今年は一人でパソコンと睨めっこしていた。ステファンは恋人とミラノに行ってしまい、ジェフは一人で帰省したということだが、酔いが回って来るに連れてジェフの本音が炸裂する。

#5 タチアナ、シンガー (2016年7月30日より配信) ゲスト:渡邊あかり

シンガーのタチアナは、雇われていた店で失業しかけているため、JJに一週間に一度だけ場所を貸して歌わせて欲しいと持ちかける。JJが店の狭さと客入りを理由に断ると彼女は泣いて店を飛び出す。後日、彼女は再び現れ、落ち着きつつもシンガーであることを諦めきれないと語り…

#6 スティーヴン、郵便配達員 (2016年8月6日より配信) ゲスト:菅野秀之

いつも店で本を読んでいる郵便配達員のスティーヴンは、唐突にJJが自分のことを語らず、いつもお客さんの話を聞いてばかりいると指摘する。実はスティーヴンも町のお年寄りの話し相手であり、変わり映えのない日々が続くことを気にしている様子。

#7 レイチェル、未亡人 (2016年8月13日より配信) ゲスト:周防結衣

町唯一のカフェを経営しているレイチェルは、いつもJJに遅めのランチを届けにやって来る。彼女は三年前に夫を亡くし、忙しい日々を送っているためバーに顔を出すことは少ないが、ある夜、店にふらりと現れ…!?

#8 エヴァン、旧友 (2016年8月20日より配信) ゲスト:翠真荘刀

店の定休日、JJの元同僚である友人のエヴァンが姿を現す。久しぶりの再会に驚くJJだが、突然やってきたエヴァンを快く迎え入れ、互いに近況報告をする。エヴァンは失業中で、今も面接の旅の最中であり、もし決まれば隣の州で暮らすとのことだが…

#9 エイミー、恋愛難民 (2016年8月27日より配信) ゲスト:蓮羽優里

​エイミーは隣町に住んでいて、いつもバーで誰かと待ち合わせている。この日も恋人と待ち合わせているようだったが、相手は2時間待っても姿を現さない。エイミーは落胆しつつも自分は男を見る目がなく、いつも長続きしないのだと語り始める。

#10 クリス、保安官 (2016年9月3日より配信) ゲスト:片野浩次

ある晩、町の保安官であるクリスが店に顔を出した。最近、不審者の通報が多いためパトロール中とのことだが、その「不審者」は深夜に住人の家のドアをノックしてすぐにいなくなり、誰も目撃者がいないのだという。犯人像についてあれこれ思考を巡らせるJJとクリスだが、クリスの推理は意外な方向へ発展し…!?

#11 アリッサ、彼を探して (2016年9月10日より配信) ゲスト:茅根沙織

観光シーズンが終盤を迎えた夏の終わりに、見知らぬ若い女が店を訪れる。彼女の名はアリッサ、この町で人を探しているので情報を知っていたら教えて欲しいという。しかし、彼女の目的の人物の名を聞いてJJは動揺する。

Please reload