オーディオドラマ「JJ's Bar」について

ー いらっしゃい。こんな辺鄙な店へようこそ。俺はここのマスター、通称『JJ』。

アメリカのとある田舎町に佇む小さな店、「JJ's Bar」。バーテンダーのJJ(ジェイ・ジェイ)は​JJは素性の知れない男で、自分のことは殆ど語らないが、聞き上手なので町の住人達には格好の話し相手だ。今夜も誰かが、日々の愚痴やちょっとした悩みを彼に打ち明けている。

​シーズン1ではJJの旧友エヴァンが、シーズン2ではかつての同僚ナタリーが現れるが、過去を振り切り改めてこの町で生きて行くことを決意。シーズン3では町の収穫祭に参加するなど、徐々に住人達とも打ち解けてきた様子。

それまで人々と距離を置いていたJJが、その輪に加わっていくことで、彼自身や周囲の人間に変化の風をもたらしていく。

キャスト&スタッフより「『JJ's Barシーズン4』へ寄せて」

賑やかな収穫祭を終え、普段の落ち着きがもどったJJ's Bar。

​相変わらず、何事もない日常の一欠片。

JJもその周りの人達も、いつもと何も変わらない生活を送っていて。

でも一年前とは違う自分になってる。

きっと、人生なんてそんなもの。

そんな当たり前に楽しかったり、切なかったりする日常の一瞬を

お楽しみいただければ。

JJ役 雨海智和​

「週末の夜、一人で過ごしているときに落ち着いて聴ける作品があればいいのに」

そんな理由でなんとなく作ってきた当作品も、企画始動から2年、シーズン4を迎えました。

キャスト、スタッフの当初の想定以上に多くの反響をいただき、嬉しく思います。

今回は、以前より住人達と親しくなってきたJJが、彼らの抱える問題や苦悩に向き合っていきます。

人と人との繋がりがカクテルのように、人生に様々な味わいをもたらしていく様を

彼はどのように見届け、語っていくでしょうか。

この作品を通して、お酒が飲みたくなったり、誰かと話したくなったり、

そんな気分になってもらえたら幸いです。

どうぞ、ごゆっくり。

Project JJ's Bar 代表