「JJ's Bar」シーズン4エピソード一覧

#33 モニカ、ブライズメイド ゲスト:茅根沙織

同僚達が帰り、店に残ったモニカにJJは朝のジョギングで一緒に走っている女性について聞かれる。ただの知人だと答えると、彼女はダイエットのためにジョギングを始めるつもりだと話す。そして同僚達の中でもとりわけ太っているメリッサも誘いたいので、JJに説得して欲しいと言う。彼女達にはどうしても痩せなくてはならない理由があった。

#34 ヘンリー、募る想い ゲスト:皇凱

実業家のヘンリーは昨年の秋からカフェを営む未亡人レイチェルにぞっこんだ。しかし半年間に渡るアプローチにも関わらず、あまり進展しないことに悩んでいた。レイチェルの部下で、JJの旧友であるエヴァンと彼女の仲を疑っているようだが、JJの方はレイチェルが女好きのエヴァンに簡単になびくようには見えず…

#35 コリーン、ハウスワイフ ゲスト:照井麻未

週末のある晩、常連が帰った後に主婦のコリーンが突然、家に帰らないと宣言をする。それまで話を聞いていなかったJJは慌てて事態を把握することになったが、どうやら夫の浮気にショックを受けて店にやってきたらしい。彼女に同調して夫のルーカスをこきおろすJJだったが、コリーンの怒りは収まらず…

#36 ジョニー、逆境の若者 ゲスト:優光俊

JJが仕入れから戻ると、隣のモーテルで働くジョニーがクレームを言いに来た。というのも、先日、家出してしまったコリーンと、その夫のルーカスがモーテルで痴話喧嘩を続けていて仕事が増えてしまったのだ。他にもバイトを掛け持ちしていて疲れきっているジョニーに同情し、JJは彼の近況を訊ねるが、彼の抱える現実は厳しいものだった。

#37 リサ、ウェブディレクター ゲスト:富樫薫

JJがジョギングで知り合った女性、リサが初めて店を訪れる。わざわざ自分を訪ねてきてくれたことに内心で喜ぶJJは、店が空いているのをいいことに酒と会話を楽しむが、次第にリサが悪態をつき始める。明らかに飲み過ぎたリサは自分でもそれに気がつき、ヤケ酒してしまった理由を語り出すが…

#38 フランクとロバート、幼馴染み ゲスト:関泰二

​風邪をひいてしまったJJは、元町長フランクと果樹園経営者のロバートに、そろそろ閉店にしたいと申し出るが、二人は構わず喋り続ける。JJがカウンターの奥で身体を休めている間も、彼らの会話は続き、昔話に花を咲かせていく。

#39 タチアナ、ステージマネージャー ゲスト:渡邊あかり

​かつて崖っぷちのシンガーだったタチアナは、今はステージマネージャーとして働いていた。その店のオーナーとは長い付き合いで、「あの馬鹿男」と軽口を叩く彼女だが、かつて彼に片思いしていた時期があったらしい。しかし、最近になってその立場が逆転し、彼女は悩んでいるのだという。

#40 ルーカス、ウェブデザイナー ゲスト:矢田耕平

妻が家出騒動を起こし、町中で噂になっている男ルーカスは、唐突にJJに謝罪をした。というのも、ルーカスの浮気相手と言われているのがリサであり、彼はリサとJJが付き合っていると勘違いしていたのだ。お互いの誤解が解けた二人だったが、ルーカスは短期間で仕事も私生活もピンチに陥っていた。リサとの噂も、全く何もなかったわけではなかったのだ。

#41 コリーン、元教員 ゲスト:照井麻未

夫婦喧嘩がきっかけで家出をしたコリーンは、町中で噂になったものの、夫と仲直りして再び店にやってきた。2人の思い出のカクテルを飲みながら過去を振り返り、自分のために再び働くかどうかを決めかねている様子。彼女は自分が働くことで再び夫婦関係がぎくしゃくするのではないかと恐れていて…

#42 グレン、精神科医 ゲスト:平本雄

JJの学生時代からの友人、グレンが初めて店を訪れる。彼は精神科医で、本を出したり各地で講演したりとかなりの売れっ子だ。田舎で飲む酒を味わいながら、多忙な生活振りを話すグレンだが、次第に話が熱を帯びて行く。どうやら人の話を聞く日々にウンザリしているようだ。

#43 リサ、新たな夢へ ゲスト:富樫薫

久しぶりに現れたリサはほろ苦い表情をしていた。ルーカスとの噂で一時危ぶまれた仕事の方はクビを免れたものの、彼とのコンビは解消することになったのだという。そして社内の他のプロジェクトに参加し、しばらく出張でこの町を離れると宣言するが、その心の内にはそれまで誰にも語っていない秘めた想いがあった。

Please reload